四川まみれの覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 山の中で鮭。

<<   作成日時 : 2012/05/02 00:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

おとつい、学校の先生たちと都江堰の裏山にある虹口というところに行ってきました。

市街地から車でおよそ30〜40分で行ける渓谷で、夏はちょっとしたリゾート地として賑わうエリアです。まだまだそんなに暑くはありませんが、ここの売り(?)のラフティングは既に営業してました。夏本番になったらやってみたいところです。

さて、今回の本丸は鮭。さけ。しゃけ。サーモン。養殖の。

小さいながら鮭の養殖場があり、そこで鮭料理が楽しめるのです。
画像
三文魚とは鮭のこと。「サーモン」に中国語の音を当てて「三文(サンウェン)」。日本語的にはなんか「二束三文」っぽい感じに聞こえますけど、まあ庶民的な魚ですし、あってるっちゃあってるんでしょうかね。

画像
生簀。この中に人様に飼われ牙を抜かれヌクヌクと育った鮭どもがいます。

画像
ほんとに鮭がいます。あたりまえだけど。


注文して10〜15分ほど、まずは刺身から出てきました。養殖ですが新鮮なのは美味い。
画像

画像

もちろんワサビ醤油で。

基本的にうちの家は、鮭は塩鮭しか食べないので刺身は馴染みがないのですが、中国では「寿司・刺身といえば鮭」ぐらいの勢いで認識されてるみたいです。鮭は生で食うもんだ、という感覚なので、塩鮭なんてメニューにありません。あー塩鮭食いたい。

画像
こちらはフライ。骨付き。骨ごとパリパリいけて、これはこれで美味しかった。

画像
鉄板で焼き鮭。味は中国風。

画像
鮭の頭がプカプカ浮かんだスープ。これも美味かった。クリーミー。

食べたのはだいたいこんなもんですが、けっこうお腹いっぱいになりました。天然食いたいぜ、なんて贅沢もいいたいところですが、養殖でもこんな山の中で鮭食べれるのはけっこうありがたいことです。


このあとは、小1時間渓谷を散策し、都江堰に帰宅。そしてあらためて飲み会。みたいな感じでした。

昨日は若干二日酔い気味でした。



@@@@@@@@@@@@

ちなみにメーデーのOPPO携帯の待ち受けはコレ。
画像
ブラックにゴールドでキメやがりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はスモークサーモンのマリネが好き!^。^
オニオンとオリーブの実もいっしょにね。
シャケとイクラのちらし寿司もいいなぁ〜
chicca
2012/05/03 00:10
シャケとイクラの親子丼もいいですね〜。
ムロヤ
2012/05/03 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
山の中で鮭。 四川まみれの覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる