四川まみれの覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS ここぞとばかりに便乗してみた修学旅行。日本編。

<<   作成日時 : 2013/05/01 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

こういう形で日本に帰国(?)することってもうないと思うので、非常に貴重な体験になったとは思いますが、いやはや忙しかった。

なにしろ4日間で、大阪・京都・豊田(宿泊のみ)・富士山・東京と移動するわけですから。外国人のツアーってみんなこうなんでしょうか?あまりにも忙しくて、「本当に彼らはこれで日本に満足したり日本を理解できたりするんだろうか?」という疑問もわきます。


が、とりあえず以下詳細。


ソウル空港で6時間くらい飛行機を待たされて、関空についたのが午後9時半くらいでした。そっから迎えのバスでホテルへ。もっと市街地に近いところかと思ってたら、けっこうのどかな田園の中に立つビジネスホテル。ここも張り紙に中国語が多いので、やはり中国人ツアー客向けのホテルなんでしょう。

翌朝1階の食堂に行ったら、ぼくが一番乗りでした。

おばさんがすすめる生卵と納豆を普通に受け取って普通に食ってたら、おばさんたちが後ろの方でヒソヒソと、「普通に生卵食べてるけど、平気なのかしら?」「でも流暢に日本語話してるし、慣れてるんじゃないの?」という会話をしてるのが聞こえてきます。中国人だと思われてるwww

やっぱり中国からのツアー客向けに、安く提供してるホテルなんでしょう。食べ終わってから、さっきのおばさんが話しかけてきたので、ちゃんと日本人だって言っときました。そして驚かれました。



最初は大阪城公園でしたが、桜が満開でした。今年は桜が早いって聞いてたので満開は諦めてたんですが、場所にもよるんですね。天気も良いし最高でした。中国に住むようになってから、桜の季節に帰国したことがなかったので、久しぶりの花見でした。
画像

画像


平日の昼間というのもあってか、観光地は外国人ばっかり。というか中国人ばっかり。今、世界中の有名な観光地はみんなそうですが。

画像
道頓堀にも行きました。あ、格力高(グリコ)。


そのあと、もう京都へ移動して西陣織会館へ。もっとゆっくりしてけばいいのに、ひたすら移動しまくります。

画像
ここはもう中国のみならず、色んな国の人たちがKIMONOを見にやってきてました。KIMONO、ビューティフルですもんね。


で、次はどこに行くのかなぁって思ってたら、昼食食べてすぐまた移動。どこ行くの?って聞いたら、よもやの「豊田」という答え。豊田ってあのトヨタの豊田だよね?うん。まじで?うん。予定表には京都泊って書いてるよね?変わったから。


つーことで、日本が誇る観光地もりだくさんの古都・京都を、KIMONOみただけで(ほとんど素通りじゃん)一気に豊田へ移動。しかも豊田でなにもせずに、泊まるだけ。なぜかホテルが豊田。別にトヨタの工場見学とかじゃなく。ダイナミックすぎる。予定なんてあって無きが如し。それが中国式。


でもまあせっかく豊田に来たんだし、普段来ることないから、と思って豊田に住んでる友人に連絡してみたら、意外とホテルから車で20分ほどのところに住んでて、久々に会うことに。結局友人宅まで行って旧懐をあっためてきました。まさかこんなハードでダイナミックなスケジュールの中、予想だにしなかった再会が実現するとは。予定がコロコロ変わる中国式スケジュールでも、結果オーライってとこですかね。



2日目(まだ2日目だったんだ)は豊田から富士山へ。折しも「春の嵐」の予報で、ニュースでは「外出は控えめに」なんて言ってましたが、そんなものモノともせずにバスはひたすら東へ。

で、富士山4合目。
画像
寒い。また中国人ばっかり。富士山ガスって見えない。

画像
忍野八海というところにも行きましたが、あいにくの雨。寒い。また中国人ばっかり。

画像
そしてやっぱり中国語はでかく書かれてるなぁ…。ゴミをゴミ箱に捨てる習慣のない人たちですからねぇ…。でもこれ、現在実際に世界中の観光地で問題になってることではあるんですよね。


この日の宿泊は山中湖のホテルでした。あとで聞いたところによると、ここは経営者が中国人とのこと。道理で客がほとんど中国人なわけだ。道理で売店でビール買うときに中国語で応対されるわけだ(やっぱり中国人だと思われてる)。
画像
ホテルの食堂。写ってるのはほぼ中国人。

このホテルには大浴場があったので行ってみたら、中国人宿泊客が浴衣&スリッパのままで浴場に入って端っこのほうで脱いで浴槽に入る、という非常識極まりない光景を目の当たりにしました。彼らは浴場に入る前に脱衣所があって脱衣カゴがあるのが目に入らなかったのでしょうか。開いた口がふさがりません。うちの学生たちだったのかもしれませんが、ぼくは眼鏡がないと生きていけないほどド近眼なので、浴場では人の顔なんてまったく認識できません。

普段からマナーを守るってのは大事なことですが、外国でのマナーについても、知識としてしっておく姿勢もまた大事ですよね。ときに恥をかきますからね。部屋に戻ったあと、これから入りに行く学生たちには、ちゃんと脱衣所で浴衣を脱いで裸足で浴場に入るんですよって教えておきました。みんな嬉しそうに浴衣着てたのは、まあ良かったですけど。

さっきから悪口ばっかり書いてるみたいですが(まあしょうがないよね)、ホテル自体はけっこう良かったです。


3日目は河口湖を15分くらい眺めたあと、東京へ。風が強いものの、空は快晴。カラッと爽やか。

昼前に都心についたところで、わがままを言って下ろしてもらい、この日は一人だけ別行動にしてもらいました。買い物に行ったあと、兄の家族に会いに。この旅行の目的は100%これだったわけですが、十分に時間をとらせてもらって助かりました。

甥姪と遊んで、夜も兄宅に宿泊。

4日目は朝出て多摩モノレールに乗ったり。富士山見えました。
画像



昼過ぎまで高田馬場あたりでブラブラし、カモシカスポーツでガチャモノ(岩登りで使用する金属類)を買ったりしたあと、ツアーの学生たちと合流。みんな上野やら秋葉原やら銀座やら浅草やら行って、楽しかったみたい。よかったね。ぼくが日本語教えてる男子生徒は、銀座の博品館でプリキュアのおもちゃを大量に買い込んでいましたが、それでもまだ満足できないと言ってました。ああそうですか。


この日の宿泊は木更津。え?木更津?って思ってましたが、翌早朝に羽田空港からの北京行きの予定だったので、アクアラインですぐでした。納得。

でもホテルの周辺はコンビニがポツンポツンあるくらいで、数人の学生たちとラーメン屋を探して歩いたんですが見つかりませんでした。学生たちは諦めずにさがす、と言って引き続き探しにいきましたが、ぼくは疲れたのでコンビニでペヤング買ってホテルの部屋で食べました。
画像
今回日本で最後の食事がコレ。模範的。


というわけで、ちょっと駆け足になりましたが(実際旅行自体も駆け足だったし)、修学旅行編これにて。短期間で移動しまくったので、個人的には充実はしてないんですが、桜とかはピンポイントで楽しめました。

世界中で増えてる中国人観光客も、マナーをうるさく注意されなくてもいいようになったら、ツアーじゃなくて個人でのんびり楽しみにくればいいんじゃないかと思います。あくまで、マナーを身につけた上で、ですけど。そして日本にもじゃんじゃんお金を落として行ってもらいたいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中国人に見られたんですか〜
馴染んでしまってるっつーか、中国語が上手すぎるっつーか、周りが中国人の団体だからしょうがないですね。^^;
でも花見ができて、お友達やご家族に会えてよかったですね。
chicca
2013/05/04 00:13
バタバタしてましたが、行ってよかったです。
やっぱり集団に紛れるとどうしても中国人に見えちゃうんでしょうね。こちらでも道歩いてるときに地元の人と思われて道を聞かれたりするんですけど…。
ムロヤ
2013/05/05 12:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここぞとばかりに便乗してみた修学旅行。日本編。 四川まみれの覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる