四川まみれの覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS ここぞとばかりに便乗してみた修学旅行。韓国編。

<<   作成日時 : 2013/04/19 01:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

学校の修学旅行に便乗してきました。どこに行ったかというと、韓国と日本。

最初は、行ったら行ったで面倒くさそうだし別段興味もなくて、行くつもりはなかったのですが、気がかわりまして。


いま世界中で増え歓迎されつつも、そのマナーの悪さ等から非難も多い「中国人観光客」なるものが、いったいどんな観光ツアーをやってるのか、今度の旅行に便乗すればその実態を少しは覗けるのでは、ということに気づいて、行くことにしたわけです。ちょうど中国は清明節の休みがあり、授業もそんなに休講にしなくてすみました。

まず渡されたスケジュールを見たら、観光地が小刻みにびっちり。まあ団体のツアーだしこんなもんかと思いましたが、考えてみたら行くのは中学生と高校生。もっとこう、自主的に行きたいとことかを自分たちで調べさせたりしたほうが勉強になるんじゃないの?とも思いましたが、たぶんうちの学生たちはそんな殊勝なことできないので、言いませんでした。


で、最初はソウル。実ははじめての韓国でした。

着いてすぐは、やっぱり多少なりとも興奮気味で、出てくる料理もウマイウマイなんて食ってましたが…。
画像

このあと4日間、全部この「平べったい鍋に野菜と肉が入ったコチュジャン味の何か」というスタイルでした。時々麺が入ったりビビンパが一緒だったりしましたが、一貫してこれ系の食い物でした。ぼくの記憶では韓国料理って他にも色々あったと思うんですが。

朝食は毎回中国式で、お粥とマントウに辛い付け合せ。ぼくは中国式の水っぽいお粥は嫌いだし、朝から辛いものなんて食べたくないので、これにはウンザリさせられました。バイキング形式だったのがせめてもの救い。ちなみに普段は自分でパンケーキとか作ってます。

食事は毎回団体ツアー向けの食堂。それはまあ当たり前なんですが、張り紙が全部中国語で書かれてるってのが、やっぱり目に止まりました。

「禁煙」とか「食器はカウンターに戻せ」とかはまあ普通として、「食い物を無駄にするな」というのも対中国人の張り紙として成立しています。中国では食べきれない量の料理を出して食べ残すのが伝統なので、外国でもそうする人が多いのでしょう。日本では残さず食べるのが習慣ですし、韓国ではどうか知りませんが、大量に食べ残しを出されても困りますもんね。うちの学生たちは残しまくりでしたがね。バイキング形式でもお構いなしに大量に取ってきて残しまくる、という。恥ずかしい限りです。
画像
エレベーターの扉にこんなのも。韓国語と中国語両方で書かれております。扉を無理やり押さえて乗り込むな、と。

食堂の人たちは、中国人なのか中国語ができる韓国人なのかはわかりませんが、ほとんど中国語をしゃべってました。もちろんお客も中国人のみなので、完全に対中国人に特化されてるようです。経営者が中国人というのもよくあるケースのようです。

そんな中で一人コッソリ日本人が紛れてる、なんて誰が気づくだろうか。いや、気づかない。(反語)


画像
でもまあ食事のたびにでてくるキムチは常においしかった。さすが本場。


観光でまわったのは、朝鮮王朝の王宮とか韓国大統領府(外から写真を撮るだけね)とか日本人も多い買い物スポットの明洞や東大門とか。2002年のワールドカップスタジアムにも行きました。グラウンド整備中でした。

キムチスクールというとこにも行きましたが、ここは中国語だらけ。
画像

やっぱり日本人は日本語のあるとこに、中国人は中国語のあるとこに行くのでしょうが、ぼくの印象としては、中国人は他の外国人よりも完全に特別扱いされてるな、という感じでした。食堂やホテルもそうでしたが、やっぱり案内や注意書きが英語や日本語よりも中国語で書かれている場所が多い、というのがそう感じた原因だと思います。しかもマナー関係の注意書きが多いこと。泊まったホテルでも、「他の客の迷惑になるので、大声で話したりすんな」って中国語で書いた看板がエレベーターの前にありました。特別扱いっても、VIP待遇みたいな意味じゃなくて隔離や敬遠に近い場合が多いんじゃないでしょうか。

ツアー旅行にありがちな免税店での買い物なんかもありましたが、こちらももちろん中国語オンリー。朝鮮人参だの化粧品だの、まったく興味がないので、はっきり言って苦痛でした。生徒たちの中には、家族や親戚にお土産といってけっこう買ってる子はいましたが。みんな金持ちの子弟だから、ああいうのでもポンポン買っちゃうんですかね。


あと、冬ソナの撮影地とかいうところにも連行されましたが、ものすごいカオスでした。ダチョウがいたり旧石器時代の遺跡の再現があったり。その再現のすぐそばに冬ソナの初キスの場所とかいうのがあって、亜空間もいいとこでした。
画像
これがそれ。手前が旧石器ゾーン、奥の白い何かがあるところが初キスゾーン。これぞまさにカオス。
画像
旧石器時代の冬ソナ。かどうかはちょっと…。
画像
韓国にもこういうとこがあるんだなあ。

最後の日は午後がまるごと自由行動になったので、東大門にある登山用品通りにお宝探しに行きましたが、お宝が多すぎて困惑しました。あんなに山の店が一箇所にまとまってる場所ってのは、中々ありませんよ。また行きたいです。

画像
ソウルの地下鉄にて(明洞のセブンイレブンに置いてあった日本語版の地図のお陰で、無事乗ることができました)。エマージェンシーグッズがホームに丸出しで置かれてるのが面白い。

最後の晩御飯も各自自由だったので、学生たちと3人で焼肉。やっぱりこれは外せませんよね。というか、やっと韓国らしい食事ができた気がする。美味しかったです。
画像



「韓国どうだった?」って学生に聞いたら、「早く日本に行きたいです」って返ってきました。日本が好きで日本語を一生懸命勉強してる子なので当然の答えなんでしょうが、やっぱり自由のきかない観光ツアーだったのも楽しくなかったみたい。若い者は自由に遊びたいのですよ、うん。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国から見てもお行儀が悪い国民って訳でしょうか?
日本でも評判は悪そうですが…
生徒さん達は最後までいい子だったのかなぁ
日本版も楽しみです。^^
chicca
2013/04/19 21:00
行く前から「道にゴミを捨てるな」だの「大声で騒ぐな」だの「割り込みをするな」だの注意しないといけない人たちですから…^^;
生徒さんたちはPCやiPadとかでゲームに夢中でした。
ムロヤ
2013/04/20 09:55
ムロヤさーん、なるほどって読んでる状況なんでしょうか〜
今朝四川で地震が(M7)ってニュースですが…
ご無事なんですね?^^;
chicca
2013/04/20 19:19
ムロヤさん、ハクです。
震源地、結構近いところなのでは。PCを使える状態であれば良いのですが。無事を祈ります!
ハク
2013/04/21 08:16
ご心配いただいて、ありがとうございます!
こちらは全くの無事です。成都市周辺もかなり揺れましたが、朝ちょっと揺れた程度でした。
PCもケータイも普通に使えてるし、水道や電気も普通なので、あんな近くで大きな地震があったのがウソみたいです。
ムロヤ
2013/04/21 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここぞとばかりに便乗してみた修学旅行。韓国編。 四川まみれの覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる