四川まみれの覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS パンクとあらて。

<<   作成日時 : 2012/05/11 19:04   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

他の地域ではどうなのか知りませんが、都江堰ではよく街の辻なんかに自転車修理屋さんを見かけます。

うちの学校のすぐそばにもあるんですが、これが店舗じゃなくて移動式なんですね。基本的には常に決まった場所にいるんですが、三輪タクシーで使われてる車体の後ろに部品やら修理道具やらを積んで、朝どっからともなく現れて夕方になると帰っていく、という漂泊の民のような営業をやってるわけです。

やってるのはだいたい、相当年季の入ったおっちゃんで、どんな修理でもあっという間にこなしてくれるのです。


こないだ、駅に成都行きの切符を買いに行った帰り、まだ学校までかなり距離のあるところで、ぼくの自転車の後輪がパンクしました。調べたら、ゴッツイ金属片が刺さってました。そのときは偶々英国人の先生と一緒だったので、彼の自転車を貸してもらい、人に場所を尋ねつつ自転車修理のおっちゃんを捜索しました。けっこうすぐに見つかりましたけど、やっぱり辻で営業してるんですね。しかも大通りからちょっと離れたところで。車やバイク修理だと店舗でやってるのに、何故自転車は移動式なのか、よくわかりませんが、それはそれで中国っぽくて好きですよ、ぼくは。


で、その英国人と二人で「パンクって中国語でなんてんだろうな」「知らん」とかどうでもいい話をしてる間の10分弱で、修理が完了。ついでに後輪のズレもキチンと直してくれました。プロですな。

修理代は3元ポッキリ。約36円。

画像
流れるようなチューブさばきでパンク箇所を追い詰めていく修理のおっちゃん。無駄のない華麗な動きに、英国人と日本人は釘付けに!


@@@@@@@@@@@@@


次はちょっとした車の話。

車の免許を取ったばかりの人はいわゆる「若葉マーク」というのを車に貼りますね。日本では。


中国では若葉マークではなく、「新手(シンショウ)」と書いた紙キレを貼ります。テープで。しかも大抵の場合手書きです。

手書きってことは、ドライバーが各自貼ってるんでしょう。たぶん各自貼るように法的に義務付けられてるんでしょうが、この国ではルールをきちんと守ってる人は中国人とは見なされないので、「新手」にお目にかかることは滅多にありません。貼ってる人は「オレ、中国人じゃなくていいから、ルールだけはきちんと守りたい」という固い決意を持っているのでしょう。たぶん。

そんな天然記念物級の彼らに、明るい未来が訪れますように…。

画像
まぁ、我々日本人には「貴様ッ!新手のス○ンド使いかァーーーッッ!!」っていう連想しかできませんけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ちなみに僕はロック派です。関東地方は最近竜巻なるものが幅をきかせています。
1p
2012/05/12 18:35
ぼくもロック派ですね。パンクも捨てがたいんですが。
竜巻こわいですね。こちらはスコールの季節になりつつあります。
ムロヤ
2012/05/13 00:59
お国が違うとomosiroiですね〜
あ、時々読んでますよ。^^
chicca
2012/05/23 23:48
全体的に安っぽいのが中国の中国たる所以なんですよね。
またお時間のあるときに覗きにきてください。
ムロヤ
2012/05/25 00:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
パンクとあらて。 四川まみれの覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる