四川まみれの覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 名前のはなし。その1。

<<   作成日時 : 2011/12/15 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国の人の中には、やたらと色んな名前を持ってる人がいます。

色んな名前というのはニックネームなんていう生易しいものではなく、英語名をはじめとする外国風の名前ってことです。本名とはまるで関係なく、自分本位で勝手につけたものがほとんど。成龍の英語名がジャッキーだったり、李小龍がブルースだったり。彼らは香港だけど。これは俳優とか芸能人だけではなくて、一般的に広く市民権を得ている文化のようで、英語を勉強してる人はだいたい自分で英語名をつけてるし、他の言語でもその言語に見合った名前をつけたりしてるようです。


うちの学校は国際学校ということで、小学生から高校生まで、生徒は全員英語名を持ってます。たぶん小学1年生のときに親や先生につけてもらうのでしょう。あの年で英語名を自分でつけるってのはちょっと考えにくいですもんね。中にはものすごく読みづらいスペルの名前とか、とても英語圏では通じそうにない英語名もありますが、とにかく外国人教師と接するときは英語名を使っているわけです。

この英語名をずっと使い続けるのかというとそうでもないようで、進学時のクラス替えとか転校なんかで同じクラスに同じ英語名がいたりすると、全然違う名前に変えたりするようです。

ぼくの生徒の中にも、学期が変わって英語名もまるで変わった子がいます。理由は名前のダブり。「クラスに同じ英語名の子がいるから、あたし英語名変えました」と。

同じ英語名なら「ブルース・リー」と「ブルース・リ」みたいに後ろに苗字をつけて区別をつける方法もあるのですが、同じクラス内だと変更するようです。そもそも英語名からして、そんな文化のない日本人としては不思議でなりません。


もちろん日本語についても同じで、彼らは日本語名を欲しがるわけです。が、中国人の日本語名というのは英語名などとは違って、普通は本名の音読みです。つまり「あなたの名前は日本語で読むとこうなりますよ」というふうに、あくまで本名ベースなわけですね。

ぼくの小学生の生徒たちも「日本語の名前ください」と言ってくる子がたくさんいたので、つけてあげました。もちろん、英語名のような脈絡のないものではなく、中国語名の音読み。

それ用のカードを作って名前を書かせ、一人一人平仮名と読み(ローマ字)を書いてあげました。小学1年生から6年生まで合計300人ほどの日本語名をつけてあげたわけです。

中国人にも読みやすそうな響きもあれば、中国語で読むといいんだけど日本語で読むと変な響き、というのもありましたが、基本的には皆満足そうでした。「ちんうんこう」みたいな、思わずこっちが噴き出しそうな名前もあり。中には、両親はじめ一族郎党の名前を書いてきて全員の日本語読みを教えてくれとせがんでくる子もいましたが、持ち前の人の良さで全員書いてあげました。あとであれを家族みんなで見て、笑いあったりするんでしょう、きっと。

もちろん、英語名をつけるのと同じように、本名とは全く脈絡のない名前を自分でつける人もいます。そういう場合は、好きなアニメキャラとか俳優とか歌手の名前から取ってくるようですね。



漢字は中国語読み・日本語読みがあるので、中国名の日本語読みや日本名の中国語読みは特に不思議はないのですが、英語名のような本名とは全く関係のない名前をつけるというのは、われわれ日本人からすれば非常に不思議な感覚です。

中国人同士では本名を使い、外国人とくに欧米人に対しては英語名を使う。日本人に会えば日本語名をくれと言う。

「どうして外国人に対しても本名を名乗らないの?」という疑問は当然あります。面子を大切にするお国柄だし、自分の名前も相手によって変えるのはちょっとおかしい気もします。その理由は、人によってスタンスが違うのかもしれませんが、外国人のぼくから見ると2通りの考えかたができます。

一つは、英語名(外国語名)の人間として振る舞うことで、本来の自分を表に出さずに面子を守る、という保守的な態度の表れ。

もう一つは、相手に分かりやすい名前を名乗ることで、相手の文化に合わせようとする柔軟な(したたかな)態度の表れ。

両極端なようですが、お互い矛盾はしてないので、両方という人もいるかもしれません。ぼくの経験的には、柔軟性のほうが強い気がします。それと、昔の中国では姓名の他に「字(あざな)」を使っていたことも、何か関係があるのかもしれません。ないかもしれません。


まぁ実際にはほとんどの人が「なんとなく」でしょうけどね。




ちなみに、ぼくは中国人に名前を聞かれた場合、まず日本語名で答えます。そのあと中国語の読みを言って、必要に応じて漢字を教えます。英語名を聞かれることもたまにありますが、当然「んなもんねーよ」って答えてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
名前のはなし。その1。 四川まみれの覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる