四川まみれの覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 問題はドアノブではなく、隙間風。

<<   作成日時 : 2011/03/22 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

部屋のドアノブが変わりました。


今回もそんなしょーもない小ネタで攻めてみたいと思います。


先週のある日の昼食時。「オマエんとこのアパート、今日ドアノブ交換すっから覚えとけ」と突然言われ、「何時?」って聞いたんですが、「知らねーよ、バーカ」と返されました。「バーカ」とは言われてないです。すんません。


その日は午後3時から高校生の日本語の授業。それまで部屋にて業者待ち。上の階から電ノコの音が聞こえてくるので、うちは夕方になるかと思ってたんですが、業者、2時半にきました。

そしてアレヨアレヨという間に旧ノブを外していきました。
画像



「今からなら3時までに終わるか」

なんて安心してたのも束の間、業者のアンちゃんは、うちの旧ノブを外すと、さっさと隣りの部屋へ。隣の旧ノブを外す音。そしてまたその隣りへ…。

もしかして各部屋1ターンづつしか作業が進まない形式か?と気付いた時はもう遅かった。すでにドアノブを外されたあとなので、もう部屋を留守にはできません。とりあえず事務所に電話して授業遅れるって生徒たちに伝えてもらうことに。


1フロアに10部屋くらいあるので、次のターンが回ってくるまで、結構待たなきゃいけません。アレだったらもう部品とドライバー置いてってくれれば、あとは自分でやっちゃうんだけど、完全に業者ペースで話が進んで行きます。いや、むしろ話は全くすすまない。

上の写真の撮影時間は、こっちの時間で15時すぎ。下のがなんと17時45分。はい、日本語の授業はもちろん中止でした。
画像


そんなに複雑な作業はないものの、10部屋一度に作業のため、わけがわからないくらい時間がかかります。

授業は諦めるしかなかったけど、早くしてくれないと夕食にも間に合わない、という焦りが湧いてきました。食堂閉まっちゃうヨ!


と思っていたら18時すぎになんとか終了。無事夕食に間に合いました。
画像

↑完成。


でもよく見ると完成してませんでした。鍵穴のところに、明らかにカバーをつける溝があるんですが、カバーなんて付いてません。
画像


中身の鍵穴が丸出しな感じです。確認のために隣りのドアを見てみたら、隣りもこの状態でした。業者的には正解なんでしょうが、なんか落ち着きません。

ちなみにこれ、オートロックがかかるので外出時に鍵を忘れるとめんどくさいことになります。セキュリティ面ではいいんですが。



ドアノブは立派になりましたが、ドアの隙間はそのままです。相変わらず隙間風が冷たいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まさかのオートロックですね・・・。あの隙間さえなければ掃き掃除がもう少し楽になる気がしますね笑
1p
2011/03/26 02:55
相変わらず毎日毎日掃いてますよ。
ムロヤ
2011/03/26 11:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
問題はドアノブではなく、隙間風。 四川まみれの覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる